ペルソナ3 ポータブル & P5/ペルソナ5 攻略ガイドwiki [P3 ポータブル 攻略サイト] 攻略 wiki

- ストーリー -


トップページ > ストーリー



ストーリー

舞台となるのは、美しい海沿いの土地、「港区(みなとく)」。
港区は、新旧2つの風景を併せ持っている。
陸地側にあるのは、古くからの港街「巌戸台(いわとだい)」。
海を隔てて反対側にあるのは、新興の人工島「辰巳ポートアイランド(たつみぽーとあいらんど)」。
そしてポートアイランドの中心には、島の竣工理由の1つでもある小中高一貫の名門校、「私立・月光館学園(しりつ・げっこうかんがくえん)」が建っている。
主人公や仲間たちは、巌戸台にある学生寮から、ポートアイランドにある学園へと、モノレールを経由して日々通う事になる。
しかし…彼らの青春には"光"だけが待ちうける訳ではない。


世界には、実は1日と1日の狭間に"普通でない"時間帯…"影時間(かげじかん)"が存在している。
それは毎晩午前0時になると訪れ、しばらく続いたのち明ける。


影時間が始まると、普通の人間は棺に似た形の結晶状のオブジェに変わり、その間の事を何も感じられなくなる(これを"象徴化(しょうちょうか)"という)。
そのため、影時間は世の中の殆どの人にとって"無いのと同じ"であり、誰もその存在に気付いていない。
自由に動けるのは、影時間の本来の住人…"シャドウ"と呼ばれる怪物たちのみ。


だが…主人公と仲間たちは、その影時間の中で行動しうる"適性"を見出される。
やがてそれぞれの内に目覚める、シャドウを滅ぼす唯一の力、"ペルソナ能力"。


かくして彼らは、昼には友達や先輩後輩として学園生活を送りつつ、夜には共に戦う同志として、影時間のシャドウに挑んでゆく事になる。


製作

前作から引き続き、副島成記がキャラクターデザインを担当し、悪魔絵師金子一馬がペルソナ(悪魔)のデザインを担当。
また、制作の全てを『真・女神転生IIIノクターン』チームが担当しております。



トップページ > ストーリー